商品によく記載されている、商標の意味とは?

商標を学ぼう!

商標登録の重要性について

企業が新商品を発表する際には商標を登録することは一般的になっています。
現在商品の名称を登録することは良く行われていますが、これはどのような意味を持つのでしょうか。
企業が新商品を発売する場合には、まずは販売戦略として商品の名前を憶えてもらうことが最も重要とされています。
名前を憶えてもらうことでその印象を人々にしっかりと認識してもらい、そのイメージを記憶してもらうことで購買意欲を促進する方法をとっています。
その為、商品の名称を他に真似されることの無い、唯一独自の物として確立するために商標登録を行うのです。
商標を取得することでその名称を管理する権限を持つとともに、市場における名称の認識を自社の商品だけに独占することができます。
逆に、登録していない場合には他社に同じ名称の商品を発表されたときに消費者が自社の物と混同して他社の製品を購入し、その商品の印象を異なったものとして受け取ってしまう場合も有るため、販売戦略としてマイナスの方向になってしまうリスクが高くなってしまうことも有ります。
その為、多くの企業が新商品の発売と当時にその商品名を商標として登録し、その商品名を市場に浸透させることで販売戦略を確固たるものにしようとするのです。

商標登録を行うときのポイント

商標とは、ロゴやデザインなど、その商標に登録番号をいただき、まさに特許をとり、その複製などから守る役割と、会社などのオリジナルのシンボルにもなるものです。
様々な範囲である特許は、有資格者である弁理士などへ依頼することができます。
報酬は発生しますが、市場の調査や、許可がおりるまで、責任を担ってくれるので、一度、どのような有資格者や依頼先があるかを調べて、報酬の相談をされてから申請の依頼をすることをおすすめします。
商標登録の期間は、5年間であるため、会社の資産としては、減価償却するような経理になります。
会社経営において、絶対に欠かせない信頼と、そのシンボルを守るためにには、手続き費用を欠け、更新費用を再びかけながら守っていくことになります。
手続きは特許庁が行うため、一人でもできないわけではないのですが、幅広い市場より却下されない安全な商標をみつけだすには、有資格者のアドバイスと手続きが欠かせません。
どのようなシンボルを作りたいのか、よく考えたうえで申請しないと、既に申請がある場合は認められませんし、何度もやり直しでは時間ばかりが過ぎてしまいます。
市場調査を自分なりにも行い、さらに有資格者へ依頼することをおすすめします。

Favorite

「機構上永久保証制度」CROSSの筆記具は永久保証です

クロス ボールペン 名入れ

ペット火葬、葬儀のことならお気軽にご相談ください。

ペット火葬 さいたま市

最終更新日:2018/11/19

Copy Right (C) 2015 商標を学ぼう! All Right Reserved